いつも応援いただきまして、ありがとうございます。

オルゴナイト専門店ラブオルゴン店長のMASARUです。

梅雨本番といった感じのお天気ですが、皆様お元気でしょうか?

先日は、夏至でしたね。

つまり、今のシーズンが一年で一番太陽のエネルギーが強いシーズンという事ですね。

この時期は、なんでも生命力が強くなる時期です。

買ってきたパンなんか、ちょっと放置しておくと
あっという間にカビだらけになったりしますね。
生命力強っ!!!って感じです。(笑)

湿気の多い、今頃の気温の時には、
ラブオルゴンのオルゴナイトが製作されている
バリ島にいた時の感覚が甦ります。

バリ島は、ほぼ赤道直下の島なので、
一年中、この太陽のエネルギーが満ち満ちている島なのです。

もしかしたら、
当店のオルゴナイトがパワフルだというご感想をいただくのも、
こういった地理的なエネルギーも関係しているかもしれませんね。(^_-)-☆
先日、こんな記事を見つけました。

たぶん、世界一の大金持ちの一人ではあるでしょう
マイクロソフトのビル・ゲイツさんが、

「もしあなたが一日2ドル(約200円)で生きるとしたら、
 生活をよくするためにどうしますか?」

という質問に答えているのですが、
この返答にとても納得します。

元記事はこちら>>>http://netgeek.biz/archives/75854
(リンク先が削除されている場合もございます。m(__)m)
答えを言ってしまうと、

「私ならニワトリを飼う。」

って、事なんです。

実は、このニワトリを飼うっていうのは、
以前ご紹介した『大草原の小さな家』のお話の中にも出てきます。

ニワトリは、タマゴも産んでくれるし、食料にもなるし、
どんどん繁殖もするし、餌や世話もそれほど必要ない・・・

ビル・ゲイツの言うように『投資』として考えると
もちろん土地があるかどうかとかの、生活環境にも
よりますが、とってもいい投資のように思います。

バリ島でも、ニワトリを飼っている家がたくさんあります。

ちょっと裏道に入ると、たいていニワトリの

「コケーッ、コッコッコッ・・・」

って、声が聞こえてきて、
ヒヨコを引き連れた雌鶏が歩き回っていたりします。

僕ら家族が暮らしたところには、いずれもニワトリが飼われていました。

それも、放し飼いです。

油断すると、ニワトリが家の中に・・・

なんてことも結構ありました。(笑)

この元記事で紹介されているビデオにもありますが、
バイクにニワトリを縛り付けて走っているなんてのもの、
よく見かける光景でした。

まあ、確かに残酷だ・・・といったご意見などもあるでしょうが、
もし、現金収入が少なくて、それでも生きていかなければならない
となったら、確かに良い選択ですよね。

まずは、生きる上での最低限の食料をタマゴで確保して、
そこから繁殖させて、タマゴが余るようになれば、
それを売って現金に換えて、それを再投資していく・・・

それに、ああいう放し飼いの動物がいつも身近にいるってのは、
やっぱり何か、パワーをいただける感じがするんですよね。

でも、大事だと思うのは、
この記事でも書かれてますが、

「もはや打つ手はないと考えてはいけない。」

という事だと思います。

ビル・ゲイツさんのように、何もないところから
【富】を生み出してきた人たちは、ちょっと普通の人とは変わった視点から
物事を見ることができるのですよね。

どんなに、追い詰められたと感じたとしても、
ちょっと視点を変えると、何かしらの打開策が見つかるものです。

逆に、追い詰められたと感じた時にこそ見えてくる視点もあります。

生きるエネルギーに満ちていれば、
必ず道は開けると思います。

なんてことを、生命力の源である
太陽のエネルギーが一番高い夏至の日に考えていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

世界に愛と悦びを・・・

MASARU

【追伸】
生きるエネルギーと言えば、『オルゴンエネルギー』(笑)

そして、生きる情熱を燃やし続けるためのオルゴナイト
人気作品『パッション・フォー・ウェルス』が再入荷中です。

パッション・フォー・ウェルス オルゴナイトピラミッド

在庫は僅かですので、氣になる方は、お早目に!
(売り切れの際はご容赦ください。m(__)m)

 

男性にもお勧めのキーホルダー作品も登場!!

FDragonKeyholder - 1 (2) FOLkeyholder - 1 (4)

 

いずれも在庫は僅かですので、氣になる方は、ホントにお早目に!(笑)
(売り切れの際はご容赦ください。m(__)m)