いつも応援いただきまして、ありがとうございます。

オルゴナイト専門店ラブオルゴン店長のMASARUです。

おかげ様で、バリ島なうでございます。

201501bali - 1

↑↑↑ ホテルのプール ↑↑↑

 

201501bali - 1 (3)

↑↑↑ Nyoman Astawa氏の工房 ↑↑↑

 

すでにご注文を頂いている皆様には、作品のお届けをお待たせしてしまいして、大変申し訳ございません。

しかし、これも皆様からの応援として受け取らせていただき、僕自身が心からこの旅を楽しむ事こそが、皆様へのご恩返しと思いまして、心ゆくまで楽しませていただきます。m(._.)m

おかげ様で、初企画の福袋販売も、多数のご注文をいただきました。

実は、当初ご用意していた分が、元日の時点で売り切れてしまいまして、当店からの年賀状でもご案内していましたので、年賀状が届いてからアクセスしても「売り切れ」となっていましたら申し訳ないと思いまして、急遽受付枠を増やさせていただきました。

これを励みに、今回も当店のオルゴナイト作家のNyoman氏と、より皆様に喜んで頂ける作品を生み出せるよう、語りあってきたいと思っています。

まずは、この清も濁も、聖も邪も合わせもつ、力強い根源的な生命感に満ちたバリ島の風を、少しでも感じていただければと思います。

201501bali - 1 (4)

201501bali - 1 (5)

201501bali - 1 (7)

201501bali - 1 (6)

 

昨晩は、スマララティ舞踊団の『Sprit of Bali』というバリ舞踊の公演を観てきました。

201501bali - 1 (1)

ウブドにあるお寺のホールで、毎週開催されている公演で、日本人の観光客もたくさんいらっしゃるものです。

本来はお寺の集会所のようなホールなので、防音設備などもしっかりしていません。

なので、公演の時は25名ほどのガムラン演奏者が生演奏で、かなりの音量で演奏するのですが、その音はだだ漏れなのです。(笑)

実は、末娘が生まれた長期滞在者向けのゲストハウスがこの近く(直線距離で50mも離れていない)にあって、末の娘はお腹の中にいる時からも、生まれてからもこの音を耳にして暮らしてきました。

公演の時だけでなく、日中のリハーサルの時でも生ガムランの音が聞こえてきていました。

で、末の娘は公演が始まると、しばらくして・・・

 

 

 

 

爆睡してました。(笑)

きっと、彼女にとってはかつて子守唄代わりだったのでしょう。

こちらにちょっとだけ、動画をご紹介しますね。
今年の干支、申年にちなんで、猿の神様ハヌマーンの踊りです。
ちなみに、ハヌマーンの石像はこちら。
201501bali - 1 (8)

↓↓↓ スマララティ舞踊団公演 ↓↓

ビデオの中にも写ってますが、こちらの公演は公演内容をビデオや写真で撮影してもお咎めなしなのです。(^_-)
この辺りもバリのおおらかなところですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

世界に、愛と悦びを・・・

MASARU